Copyright by 2009 Communications Plannning Marma, Inc. CP-MARMAテストマーケットブランド開発室 許可なき他用転用厳禁
 
「質」のマーケティング予測に17年の歳月掛け 
次のヒット市場予測研究所
 ゼロ町経済図書館
2008年7月〜
※現在好評連載中 
 6%の決定顧客予測で連載開始 「次のヒット市場予測研究所」
倒産寸前のT県テーマパークが5年後に20倍の売上でTOPに!
標準地を日本の縮図生活圏とまるごとデータ化した結果、全国 
比較測定が可能になり、エリアごとのヒット点き方を戦略利用。
400実証事業例が生活者ニーズと企業供給をよりマッチング化。
2002年よりTOPニーズを基に、欧米市場比較調査を行った 
2007〜2008年
※在職25周年を機に 
公開することがない
戦略事例を連載した
但し、実施企業が
統廃合したため、
ハード本はあえて
出版しないこととした
 菓奈毎美在職25周年を機に、戦略事例を専門誌に連載
売れない数字でなく、売れる予測データで店舗リストラ事例など
標準地を日本の縮図生活圏とまるごとデータ化した結果、全国 
比較測定が可能になり、エリアごとのヒット点き方を戦略利用。
400実証事業例が生活者ニーズと企業供給をよりマッチング化。
2002年よりTOPニーズを基に、欧米市場比較調査を行った 
2006年7月
※12年調査で最も 
 重要な基礎データ
 となったのが、
 消費決定者家族
 親子3代「食×身体
 ×こころ」調査)
 国内外で最も
 需要の高いライフ
 スタイル市場が
 住環境ビジネスに
 託されている
少子化社会改善ライフスタイル住宅 「標準地モデル実験事業」
次なる人にやさしい住宅基準は、高齢者等を基準としたユニバ
ーサルデザインではなく、母体が健康でいる状態こそ基準と
判明。まさに現代社会が抱える問題少子化社会改善機能を
もった食住環境であり、家族の健康にも・・・※
標準規格として何が必要で?何が余分なのか?実験幼稚園と
実験賃貸住宅で、標準地モデル実験する。
顧客購入時に最必要とする「住宅環境買物意思決定ソフト」 
開発は、ゼロ町経済図書館所有の人生買物損得勘定シートを
コアコンセプトに、住宅コア技術には日東木材産業のテラ工法を
採用。公的プレゼンテーション機関で事業内容を発表予定
身体調査は日経流通他に紹介
2003年7月11日

※浜松大学での発表
 時の調査数より、
 現在は事例および
 顧客像プロファイ
 リングデータは
 増加しています

※新ビジネスなど
 これから売れる
 ヒット製品予測は
 中長期ニーズ
 生活予測が最も
 適していることが
 10年調査で判明
 標準地10年調査結果発表会    (於・浜松大学特別サロン)
◆標準地10年調査内容が意味すること・・・※
 調査概要:1993年3月〜2002年3月(実証期間として、現行中) 
 調査法: 生活者プロファイル調査(パーソナルアイデンティティー) 
 本調査は、従来型の社会調査法とは異なり、聞き手の聞きた
 い内容を記載するスタイルではなく、日本人の実情=新しい
 日本人文化を知るため、既存概念や形式にとらわれることない
 本心が出やすい形をとり、文化人類学的ヒアリング調査を重ね
 幸福観と自己実現にどう消費活動が重なってゆくのか?
 市場成長期(10年)を一巡すべく追跡調査も行った
  抽出総数:17,894世帯(静岡県13,335全国比較4,559世帯) 
 生活者プロファイル数:(消費決定者層に絞る):68,384名
 データ実証事業数:400事例 標準地事業例は生活予測と
 企業未来無形資産価値との合致性実証より強み測定が可能
中日新聞東海北陸版 
2003年7月12日日刊掲載
静岡新聞 2000年特集他
新ビジネス審査にも活用
1995〜2004年

※ショッピングセンタ
 から、過疎化NO.1
 5市町村活性化
 民間問わず実証例
 標準地測定モデルの構築・・・400社実証例、海外市場比較 他
倒産寸前のT県テーマパークが5年後に20倍の売上でTOPに!
標準地を日本の縮図生活圏とまるごとデータ化した結果、全国 
比較測定が可能になり、エリアごとのヒット点き方を戦略利用。
400実証事業例が生活者ニーズと企業供給をよりマッチング化。
2002年よりTOPニーズを基に、欧米市場比較調査を行った 
過疎化No.1の5市町村、 
永田町で地域戦略プレゼン
テーション
1997〜2003年

※難航した調査網
 は、団塊ジュニア
 層。彼らには、
 新しい測定方法が
 必要と判明(’06)
覆面買物調査網の構築・・・前身・ニッポン台所会議で食の家族史
消費決定者層の中でもTOPクラスの予測率をもつ調査網が確立
冷蔵庫の中身はスカスカでも、1L当りの単価は変化しない現状 
冷蔵庫定点観測、既に顔の見える農業の動きを96年に開始
生産者と台所を結び食調査を敢行。
10年調査の結果事例企業アンケートより「予測調査は100%
的中」の回答をいただきました
多くのテレビ他マスコミに 
報道
1996〜2003年
※ブランドはカッコ 
 イイことよりも、
 顧客と企業が出会
 える機能性が必須
 ブランド開発とは、顧客が喜ぶ=売れてこそ開発意義がある!
地域ブランド開発が人気だが、一方的なイメージ戦略では、開発
予算を回収するのは難しい。20余年のブランド開発実績で初めて
シンボルよりもサイン計画こそ必須な事例にであう。伝わってこそ
顧客が喜ぶ=訪れて=売れてこそブランド開発の意味がある 
〜調査以前
なぜ東京でなく 
標準地を選んだか?
 
 バブル崩壊長期生活予測ビジョンなしでコンセプトつくれない
インタビュー記事より抜粋。国内外事例を経て標準地に辿りつく…
「現代社会・日本の縮図をフィールドにコンセプトを策定する」
企業ブランドのコンセプト策定や、公共施設の基本構想には、
中長期経営計画ビジョン描ける生活予測なくて経営が成り立たず
静岡新聞社VEGA2000年特集 

       <<次のヒット市場予測研究所へ戻る
 


Copyright by 2012 Communications Plannning Marma, Inc. CP-MARMAテストマーケットブランド開発室 許可なき他用転用厳禁
景気に左右されない予測に17年調査25年実績統合型マーケティング戦略専門家・菓奈毎美&CP-MARMA調査部東西暮し交差点130
万人生活圏モデルデータ構築・中長期予測で具体的戦略立案