わたしたちの「実績内容」を知っていただくために・・・
CD・電子出版化のリクエストの目安として下記を参考にしてください
日本の縮図モデルデータを基に、生活者視点で 
どこからヒットの火が点くか条件で地域を再生しました
 リクエストに関しご入力戴きました情報は個人機密情報として他用は致しません
 
 <<戻る
次のヒット市場予測研究所 ゼロ町経済図書館
 次のヒット市場予測でハコモノ施設・地域再生めざし、
 売れる経営環境をつくる 合同勉強会 【3】 
 「ハコモノ施設・地域再生」の生き残りに何が必要?むだ?
どこからヒットの火が点くか?予測で「使える地域経営資源」を活用。ビジネスの可能性で生き残る 
社内勉強会のめざすもの

日本でマーケティング
といえば、売る=販売
環境をさす狭い意味
で使われています

統合型というように、
実体がともなう、
本当の意味で「売れる
が実現できる企業と
なるべく環境先を
求める戦略をさします

企業ブランドとは 
統合型の実体を総称
する名称を本来さす
限りある資源の中、大量に売れないエコ時代=ロングセラー市場で生き残る
経営時代に突入しました。 中途半端な事業コンセプトで生き残るのは不可能です。
 
当然ながら事業体(公共施設ほか)は、持続可能な経営に必要な確固な経営環境づくり
つまりロングセラー市場に対応できる「売れる経営環境」が必須となります。 

「量(廃棄が増加)よりも質(永く信用・愛用)」が求められるロングセラー市場に
全国どこにでもあるような先端!?事例集のモノマネ施設は必要とされません。
顧客市場が求める事業実体 「売れる経営環境づくり」 を優先し、経済性ある
ハコモノ施設・地域再生を推奨します

現在、「質よりも儲け」が重要視される株価優先経済によって、数字の儲け
ばかり重要視されるため、消費生活予測における利便性、活用性があるにも
かかわらず、見捨てられてしまったり、負の遺跡として廃墟と化しています。
ヒット市場予測によって事業体の「核」と活用することで 、生き残る判断、「経営に何が 
必要?何が無駄?」を把握し、売れる経営環境を構築する戦略づくりを,、
地域編成のスタッフでめざします。
特に、「どこからヒットの火が点くか?」地域市場比較調査によって最短距離、最小限 
の資本投下によってリニューアル、および地域活性化をめざしすことができます。
コミュニティー活動、家庭消費、商業すべての企業において持続可能な経営環境づくり 
(=統合型マーケティング戦略※)に適した「具体的なビジネス化を行う」勉強会です。
 事例掲載記事より・・・・2007年6月号

公共施設&地域再活用等に事例 
倒産寸前のテーマパークを5年間で再生できたのは「どこからヒットの火が点くか?」 
を全国比較できる地域モデルデータがあったからだ。
この地域には、東京で6%、モデル地域15%成長期の時期に、65%もの市場性が
存在した、ヒットの火に火が点く再生ができたのだ

全国比較調査の場合、東西文化分岐点である定点観測地静岡県西部を0=ゼロと
する。マーケティングが苦手な日本人にとって、ゼロ は「何もない」という概念しか
ないようだが、ゼロは「基点」を指す。
ゼロを基準に、過剰ならば「プラス」、 不足ならば「マイナス」。
つまり、売れるヒット製品に育てるための条件を把握するのが目的だ。
再生戦略立案のための全国比較調査は市場の「質」違いを地域比較することで、 
消費志向の差「プラス、マイナス」を測定するのだ。
だからこそ、商圏内のヒット性の高いニーズを求めることができ、
しかも地域経営資源をを最大限活用し、最小限のリスクで、しかも早い時間で
生き残れるテクニックとなれたのだ。
 
 

copyright by 2008 Communication Plannning Marma, Inc. 当ホ-ムペ-ジは著作権により許可のない商用・論文化等の転用多用を禁ず
    次のヒット市場予測でハコモノ施設・地域再生めざし売れる経営環境をつくる 合同勉強会