わたしたちの「実績内容」を知っていただくために・・・
CD・電子出版化のリクエストの目安として下記を参考にしてください
数字で閉店するコンサルタントは時代錯誤! 
縮図データで比較調査、生きる店舗を残した
  リクエストに関しご入力戴きました情報は個人機密情報として他用は致しません
 
 <<戻る
次のヒット市場予測研究所 ゼロ町経済図書館
 次のヒット市場予測で生き残る店舗・販売店めざし、
 売れる経営環境をつくる 社内勉強会 【2】 
大量に売れない時代にヒット予測で 「売れる店舗=経営環境つくる」
ヒット予測もとに店舗リストラ&残す店舗のブランド開発等を社内勉強会で進める  
社内勉強会のめざすもの
※無駄買いしない時代に 
対応した普遍的ニーズ
標準地モデルデータ化
により、全国比較できる
顧客プロファリング予測
を確立しました
 
流通小売業、店舗経営
思考は、生い立ちからも
数字にち密すぎました
経営統合化、効率化が 
「顧客にあってない画一
化な商品しかない」状態
を生み、より消費が低迷
 
無駄買いしない固定客の
の定量確保(故にプロファ
イリングが鍵)が、店舗ごと
ブランド整備する作業で
重要なのです。
限りある資源の中、大量に売れないエコ時代=ロングセラー市場で生き残る
経営時代に突入しました。

当然ながら企業は、持続可能な経営に必要な確固な経営環境づくり
つまりロングセラー市場に対応できる「売れる経営環境」が必須となります。 

「量(廃棄が増加)よりも質(永く信用・愛用・活用)」が求められるロングセラー市場に
しかし、大量に同じものを購入させることで卸値(飲食店舗は材料費等のコストダウン
をはかり、全国店舗展開化してきた小売・流通業にとっては、正反対のニーズにどう
対応してゆけば持続型経営が可能か、将に流通新体制を再構築する時代なのです。

店舗・販売店チェーン経営の企業にとっては寒い時代ともいえますが、わたしたちは
こうした時代を予期し、約18年の歳月を掛けて、「無駄な買物をしなエコ消費時代」
において店舗経営にとって何が必要?何がむだ?を迅速に予測できるように、
普遍的なニーズを知る上でふさわしい暮し文化分岐点で定点観測を実施、
モデルエリア=基準データ「エリア特性別顧客プロファイリグ」※を設定しました。
企業として ヒット市場予測することで 、生き残る判断、「経営に何が必要? 
何が無駄?」を把握し、売れる経営環境=店舗経営環境を構築する戦略づくりを,、
社内編成スタッフでめざします。 
製造業、物流、流通すべての企業において持続可能な経営環境づくり 
(=統合型マーケティング戦略)に適した勉強会です。
社内勉強会の進め方
 事例掲載記事より・・・・2007年6月号・
                 2008年5月号・6月号
 数字にち密な金融機関に、数字でない
 売れる予測で店舗リストラさせる!?
 間違いだらけの店舗リストラを脱却 
 「売れる予測で店舗ブランド整備戦略」!
 
 大量消費時代は、統一ブランドでイメージづくり
 対象者は万人向け。世界のどこでも誰にでも
 同じ対応をする店舗づくりが、経費の節減になる
 と信じられて、今も変化していないのはなぜか?
 小売・流通業も同じだが、大量に売れる=数字に
 ち密な経営が王道と思われてきた。当然、店舗
 リストラは、売上数字の低いところが閉店となる。 
 しかし、将来において無形資産価値が高い地域=販売条件をないがしろにしてしまうのである・・・
 バブル崩壊時に、数字にち密な大手証券会社に、売れる予測で店舗リストラした事例は、わたしたちが
 こうした時代を予期し、約18年の歳月を掛けて、「無駄な買物をしないエコ消費時代」において
 店舗経営にとって何が必要?何がむだ?を迅速に予測できるように、暮し文化分岐点で定点観測を実施、
 モデルエリア=基準データを設定した理由となったのだ。

※本つづきは、日本工業出版社 「月刊流通ネットワーキング 2007年7月号」で読むことができます.... 
 
 
 

copyright by 2008 Communication Plannning Marma, Inc. 当ホ-ムペ-ジは著作権により許可のない商用・論文化等の転用多用を禁ず
統合型マーケティングデータを比較ヒット予測で 「生き残る店舗=売れる経営環境つくる」